ピラティスナビ > ピラティスetc. > ピラティスに大切なイメージ

筋肉を意識する

ピラティスに取り組むときに重要なポイントの一つとして、使っている筋肉を意識するということが挙げられます。

「意識するだけで何か違いがあるの?」と感じるかもしれませんが、ピラティスだけでなくどんな分野でも“イメージの力”は侮れないということが盛んにいわれています。

例えば、極端な話ですが想像のなかで暑い湯をかけられたというだけで、皮膚がただれたという例もあるそうです。
また、キリスト教の世界では聖痕(スティグマータ)と呼ばれる現象があり、手の平にキリストが磔にあったときのような傷跡が出るものですが、一説にはイメージ力によるものといわれています。

筋力トレーニングをするときは、実際に鍛える部分を意識をするということが重要だといわれています。
ピラティスは普通の筋力トレーニングとは若干異なりますが、やはり使っている体幹部の筋肉(インナーマッスル)を意識することも重要な要素の一つになっています。

瞑想との違い

ただし、これはあくまでも身体に対する効果を期待するもので、精神力を鍛えるようなものとは異なります。
ピラティスはスピリチュアルな要素が排除されているといわれるように、ヨガにおける瞑想のようなものとは異なりますので注意してくださいね。



お問い合わせ教室・スタジオ登録プライバシーポリシー利用規約・免責事項リンク集