ピラティスナビ > ピラティスの基本エクササイズ > にのうでを引き締めるエクササイズ

だらしない二の腕を引き締める

たぷたぷの二の腕はだらしがない印象を与えてしまうのでピラティスのエクササイズで解消してしまいましょう!

このエクササイズはうつ伏せの上体から始めます。
うつ伏せのニュートラルポジションでしばらく呼吸法を行い、気持ちを集中させてから挑戦してもよいと思いますよ。

1.うつぶせの上体から、腕を立てて四つん這いの上体になります。
このとき、両足首をクロスさせます(クロスするとヒザから下は自然に床から離れます)。
腰を曲げず、なるべく骨盤を安定させ“よい姿勢”を保ちましょう。

2.息を吐きながら、腕立て伏せの要領で肘をゆっくりと曲げていきます。
肘は横に開かず、体に沿うような形で曲げるようにします。あまり無理して肘を曲げる必要はありません。
90度以下でも十分効き目はあるので正しい姿勢で続けましょう。
このときも、きついとは思いますが、腰を曲げず背中からヒザまでまっすぐの上体を保ちましょう。

3.息を吸いながらもとの四つん這いの上体にゆっくりと戻していきます。

4.これを4〜5回ほど繰り返します。

このエクササイズは二の腕を鍛えると同時に、胸の筋肉に作用し、バストアップも望めます。
また、不安定な状態で姿勢を維持しようとするので、腰回りのインナーマッスルも鍛えることができますよ♪



お問い合わせ教室・スタジオ登録プライバシーポリシー利用規約・免責事項リンク集