ピラティスナビ > ピラティスの基礎 > ピラティスの基本姿勢(うつ伏せ)

うつ伏せの基本姿勢

仰向けの基本姿勢もありますが、うつ伏せの基本姿勢というのもあります。
主に背中の筋肉やお尻の筋肉を鍛えるときに使うことが多いのでチェックしておきましょう!

「あまりに気持ちよくて居眠りしたら風邪を引いた」なんてことのないように注意してくださいね(^^;)

うつ伏せのニュートラルポジションも仰向けの場合と注意するポイントは似ています。
骨盤と背骨を鳴るべくまっすぐにしましょう。
しかし、このときも意識しすぎると不自然な姿勢になってしまうので注意が必要です。

骨盤はなるべく床に水平にし、左右に傾きがないようにきちんと足を揃えましょう。

背骨は仰向けのときよりも楽にして、特に意識することなく自然にS字のカーブができると思います。

手のひらは床につけ、背伸びをするように足首はまっすぐ伸ばしましょう。

顔は横にしてもかまいませんが、柔らかいもので保護してうつ伏せにできればよりリラックスできて気持ちがよいと思いますよ♪

いろんなエクササイズに発展

この姿勢から、背中やお尻の筋肉を鍛えるエクササイズなど、いろいろな動作に入ることになります。
この姿勢も仰向けのニュートラルポジションと同じでリラックス効果がありますので、動作に入る前にしばらく続けてもよいかもしれませんね。
もしかしたら仰向けよりも力が入りにくいので「リラックスしやすい」という人もいるかもしれません。



お問い合わせ教室・スタジオ登録プライバシーポリシー利用規約・免責事項リンク集