ピラティスナビ > ピラティスの特徴 > ヨガとピラティスの特徴・目的の違い

ヨガって何?

ヨガとピラティスはイメージとしては近いものがありますが、特徴・目的に大きな差があります。
ヨガはインド発祥の修行法で、長い歴史をもっています。

歴史的過程で様々な分派ができ、内容としてもさまざまなものがあります。
なかには呼吸法だけに特化したもの、瞑想に重きをおいて精神状態のコントロールを目指しているものなど私たちの知らないものも含めて、たくさんの種類があります。
日本にもヨガブームがありました。
「実際にやったことがある」という人や「経験者の話を聞いたことがある」という人も多いのではないでしょうか?
日本で普及しているヨーガはハタ・ヨーガに分類されるもので、“難しいポーズ”と“呼吸法”によってエクササイズ効果・ダイエット効果などを期待するものです。
ただし、フィットネス・クラブなどでは、元々のヨガにない内容が含まれるものもあります。

具体的な違い

では、ヨガとピラティスが呼吸法以外に異なっている点はどこなのでしょうか?
一つには、ヨガはかなり身体に負担がかかる難しいポーズを取ることもありますが、ピラティスはそういった無理な体勢を取ることはありません。
また、ヨガはポーズを取って静止するのが基本ですが、ピラティスは静止と動作を繰り返すのが基本パターンです。
そういった意味でピラティスのほうが、動きの多いエクササイズらしいエクササイズだといえます。
加えて、ヨガは瞑想・宗教的な精神修養の目的で行われることもありますが、ピラティスはそういったことがありません。
スピリチュアルな要素は全くないという点でヨガとは大きな違いがあるといえます。



お問い合わせ教室・スタジオ登録プライバシーポリシー利用規約・免責事項リンク集